とあるサラリーマンのふるさと納税体験記
 要注意な自治体
2019年02月16日 (土) | 編集 |
返礼品の行き過ぎが問題になり、「寄付金額の3割以下」「地場産品に限定」という規制ルールが2019年度税制改正大綱に盛り込まれました。基準を満たさない自治体は税優遇の対象から外される、つまり“本当の寄付”になってしまう訳ですな。


この改正は6月1日以降の寄付に適用されるので、「今年は早めの勝負が吉」って覚悟していましたが、気になる話題が一つ。
以前からブラックリスト(総務省HP)(PDFが開きます)に載っていた、泉佐野市がなんと「100億円還元 閉店キャンペーン!」を始めました(笑)。

izumisano.jpg




これには総務省もカンカンでふるさと納税制度の対象から外することも検討しているとのこと。もし除外された場合には、“本当の寄付”になってしまうので注意が必要です。個人的にはやりすぎだと思いますが、泉佐野市は関西国際空港の開港時の投資失敗で財政逼迫しており、死活問題なんですよね。

結論:AMAZONギフト券強し




 「かわべ」うなぎ蒲焼 静岡県湖西市
2019年02月11日 (月) | 編集 |
返礼品:「かわべ」うなぎ蒲焼150g×2匹
寄附先:静岡県湖西市
寄附金:10,000円
申込月:2019年1月
受取月:2019年2月


2019年最初のふるさと納税は鰻でした!
昔は鰻といえば「浜名湖」のある静岡でしたが、今は国内ランキング4位(ちなみに1位は圧倒的に鹿児島県)。とはいえ、一度は浜名湖の鰻を食べてみたいと思っていたので、湖西市に申し込んでみました。
ふるさとチョイスの申込画面には「増量!」とありますが、私が知る限りずっと増量中(笑)。でも、いつか見直しがかかるかもしれません。



kosai1902_01.jpg

鰻の返礼品には珍しく、冷蔵品で届きました。真空パックしてあるので、冷凍保管も大丈夫だと思います。
「かわべのうなぎ」とありましたが、湖西市の持ち帰り用うなぎの専門店のようです。




kosai1902_02.jpg

2匹入っていて、どちらも約150g。
美味しいな。静岡の鰻はしっかり蒸しが入っているので、とても柔らかいです。もちろん臭みや小骨が気になることもなく、丁寧な仕事をされています。浜名湖の鰻もお薦めですよ。