とあるサラリーマンのふるさと納税体験記
 ふるさと納税サイトネタ(ふるさとチョイス)
2017年03月29日 (水) | 編集 |
私がメインで利用している「ふるさとチョイス」。
サイトの左サイドのメニューで条件を選択し、返礼品を絞ることが出来ます。そうしなきゃあまりに返礼品の種類が多すぎて、欲しい返礼品を選べません。




choice1.jpg

多くの方がチェックを入れる項目の一つは「寄附金額」だと思います。

例えば、10,000円の寄附金額を考えている場合は「5,001円~10,000円」を選択することになりますが、以前は「10,000円~19,999円」という範囲の選択肢を選ぶ必要がありました。当時10,000円の寄付をしたかったのに、15,000円や18,000円といった寄附金額の返礼品が多数表示されてストレスが溜まりましたよ。
少しでも寄付を集めたい自治体にそのような金額設定のアドバイスをしたコンサル会社があったんではと邪推したもんです(笑)

それが理由か、2年くらい前に「ふるさとチョイス」が金額範囲を改善したのには驚きました。変更内容自体は小さいことですが、ユーザーのことを考えてくれていることに感心したものです。
それが私の今でも「ふるさとチョイス」をメインで使っている理由ですかね。

以上、「ふるさとチョイス」に関する感想でした。




 四万十川優化イオンうなぎ蒲焼 高知県四万十市
2017年03月22日 (水) | 編集 |
返礼品:四万十川優化イオンうなぎ蒲焼
寄附先:高知県四万十市
寄附金:20,000円
申込月:2016年12月
受取月:2017年1月



日本最後の清流といわれる四万十川。
その四万十川で獲れたシラスを育てた鰻が食べられるなんて・・・
思わず四万十市に寄付を申し込んでしまいました。


shimanto1701_001.jpg

発泡スチロールの容器に5尾入ってます。
更に肝も2袋入ってお得さアップ。
説明書が白黒コピーだったり、手作り感が感じられます。

さて、肝心の鰻のブランドは「四万十川優化イオン鰻」。
正直、“マイナスイオンを豊富に含んだ優化水で育てた”というのは「???」ですが、天然しらすをきれいな水で育てたのは間違いないようです。天然鰻に遜色が無いとの自信あり。





shimanto1701_003.jpg

焼き色は薄目かな。
重さは156g(包装と頭を取ると135g)

適度な弾力があって食べ応えがあります。
臭みでは無く、鰻の風味があるね。脂も乗っていて旨いね
四万十川の天然うなぎもこんなに美味しいかな。
鰻好きにお薦めしたい鰻ですよ




 備長炭手焼(鹿児島県大隅産)黒匠うなぎの蒲焼 鹿児島県鹿屋市
2017年03月15日 (水) | 編集 |
返礼品:備長炭手焼(鹿児島県大隅産)黒匠うなぎの蒲焼
寄附先:鹿児島県鹿屋市
寄附金:20,000円
申込月:2016年12月
受取月:2017年1月



国内鰻シェアNo.1の鹿児島県。
当然ふるさと納税の返礼品にも鰻が盛りだくさん。
鹿児島県大隅地区の限定生産「黒匠うなぎ」、それも蒸しの入っていない備長炭手焼き。
そんな鰻の蒲焼きを鹿屋市に申し込みました。




kanoya1701_01.jpg

これまた高級感溢れる黒い箱。
備長炭焼の金文字が眩しい。
これは贈答品にも使えるかもしれない。





kanoya1701_02.jpg

冷凍で届きました。
寄付金2万円で鰻の蒲焼き5尾はコスパ抜群。
こんな機会じゃなきゃ、なかなか鰻は食べられません。





kanoya1701_03.jpg

頭のついてる蒲焼きです。
一般に地焼きは有頭タイプが多いです。
重さは180g前後と立派ですな。
包装と頭を取ると155gぐらい。

「香ばしい!」
備長炭焼きのおかげか、ちゃんと香ばしい。
そして、蒸しが入っていないので適度な弾力があります。
店で出しても冷凍とはバレないんじゃない?
ワイルドタイプの旨いうなぎでした。
こりゃまたお薦めですよ。