とあるサラリーマンのふるさと納税体験記
 霧島湧水鰻 鹿児島県志布志市
2018年04月01日 (日) | 編集 |
【追記:2018年4月15日】
寄付金20,000 円以上で鰻3本に見直されたようです。
ぎりぎり間に合ったのを喜ぶべきか・・・
鰻の返礼品見直しが相次いでいますので、狙った獲物はお早めに。


返礼品:霧島湧水鰻 5尾
寄付先:鹿児島県志布志市
寄附金:20,000円
申込月:2018年1月
受取月:2018年2月




鰻の生産量日本一といえば、鹿児島県。そこで養鰻した、国産うなぎ蒲焼の最大手である山田水産の鰻を申し込んでみました。ちなみに山田水産の本社は大分県佐伯市にあります。霧島湧水鰻は、「霧島山系由来の地下水を使用し、専用の焼きラインでじっくり香ばしく焼き上げた」と自信作とのこと。




shibushi1802_01.jpg

パンフレット等が入っているかと思ったら、無造作に鰻が入っていて笑った。ある意味男らしい。




shibushi1802_02.jpg

1尾が160g位ありますね。結構食べごたえありそう。
実食した感想は、とても柔らかくて美味しい!香ばしくく焼けていて、生臭さは全くなし。甘めのタレと鰻の脂が堪らんね。

期待通りの美味しい鰻でした。スーパーで山田水産の鰻を買うと1尾2,000円位するので、コスパもなかなか。
申し込んで間違いないですよ、おすすめ。




 国産うなぎ蒲焼き 和歌山県有田市
2018年02月21日 (水) | 編集 |
【追記:2018年4月1日】
寄付金25,000 円以上で鰻3本に見直されたようです。
ぎりぎり間に合ったのを喜ぶべきか・・・


返礼品:国産うなぎ蒲焼き大サイズ5本セット(肝吸い付き)
寄付先:和歌山県有田市
寄附金:20,000円
申込月:2018年1月
受取月:2018年2月



ふるさと納税といえば鰻!(私だけか?)
ただ、鰻を返礼品としている自治体は養殖の盛んな南九州と静岡に集中しています。そんな中、和歌山県でお得な返礼品が合ったので、ふるさと納税してみました。




arida0802_01.jpg

申し込んでから一週間ほどで届きました。早い!
提供店である川口水産は、自社で鰻を焼き、たれを作り、直営養鰻場をも持つ専門店。
肝吸いやクーポン券も付いてきました。




arida0802_02.jpg

一尾ずつ個装されています。たれが2個ついてくるのも地味にうれしい。
1尾あたり150g。無頭なのでボリュームたっぷり。




arida0802_03.jpg

柔らかくてとろけますね。
臭みや小骨も全然なく、流石は専門店だなと。
食べ応えがあって、鰻を食べたという満足・満腹感。
山椒が緑色で香りが良かったのも印象に残りました。

有田市の鰻、お薦めですよ!





 宮崎県産うなぎ蒲焼(長焼6尾入) 宮崎県都農町
2017年08月23日 (水) | 編集 |

返礼品:宮崎県産うなぎ蒲焼(長焼6尾入)
寄付先:宮崎県都農町
寄附金:20,000円
申込月:2017年5月
受取月:2017年6月




総務省から、ふるさと納税の返礼上限3割という通知が出たのが4月。その後、かなりの自治体で見直しが入っています。(あの都城市も・・・残念)
だったら早めにしなきゃと、最強(?)の鰻申し込んでおきました。土用の丑の日も近いしね。




tsuno1706_01.jpg

tsuno1706_02.jpg

宮崎県都農町で取り扱っている鰻楽の鰻。2万円で1尾150gの長焼が6本(計900g)とコスパ最強です。
気づいた人もいるかもしれませんが、昨年日向市に申し込んだのと同じ会社です。ちなみにそのときはハーブ鰻でした。




tsuno1706_03.jpg

tsuno1706_04.jpg

和紙のような袋に入っているのも高級感があっていいね。1尾の重さは150g以上。合格!
もちろん味の方も上々。鰻楽さんの鰻は蒸しが入っているので、口の中で柔らかい。鰻って、素材の良さはもちろんですが、調理(焼き)もそれに負けずに重要です。その点、ここの鰻は美味しいです。

本当にお薦めなので、うなぎ好きは改悪される前にぜひどうぞ。